ここ数年、転職事情は業界に関わらず非常に厳しいと言われています。
しかしその中で唯一転職の可能性が高いと言われているのが医療の現場です。
医療の高度化、高齢化社会化に伴い看護師は常にどの現場でも不足しているのが現状で、大病院から中小の診療所まで、どこも引く手あまたの状況と言えます。
しかし、引く手あまたの状況だと、逆にどういった判断基準で転職すれば良いのか、戸惑ってしまうという人も多いでしょう。
そこで、現代の看護師の転職事情とその対策について簡単にご説明します。
◯看護師の転職事情看護師の転職事情は、他の業界よりも恵まれているといえますが、専門性が高く多忙な職種のため、自分の希望通りの職場を見つけるのはなかなか難しいようです。
転職を成功させるには、自分が希望する働き方のビジョンを明確に持つことが不可欠と言えます。
◯看護師の転職を成功させるには転職を成功させるには、いくつかのポイントがあります。
1)転職ビジョンを明確に「なぜ今の職場ではいけないのか」「どんな労働条件や福利厚生を求めるのか」「給与条件への希望」「残業の有無」など、自分が転職において求めることをハッキリさせるのが、転職成功の第一歩です。
こういった労働条件の側面はもちろん、「職場の雰囲気や人間関係」などへの希望も、しっかり持っておきたいですね。
2)リサーチを重ねる看護師の転職にあたっては、一般の転職サイトではなく、必ず看護師専門の転職サイトを参照しましょう。
一般サイトには無い希少な非公開求人、専門別求人を効率よく重ねます。
時には実際に現場で働く看護師の口コミもあるので要チェックです。
ちなみに、サイトを選ぶ際は1つのサイトに頼るのではなく、複数のサイトを比較・検討してみることをおすすめします。
3)今の職場での仕事を大切に転職するからと言って、今の職場をおろそかにするには考えもの。
医療業界は意外と狭い世界ですので、噂もまわりやすいもの。
円満退社を目指し、最後の日まできっちりお仕事しましょう。
こういったポイントを押さえれば、前向きで発展的な転職を成功させることができるのではないでしょうか。

更新履歴